障害者枠での就労2

障害者枠で就職しました。

働いてみてわかったのは作業スピードが遅いということと

作業にあまり集中できていないということでした。

働いて半年は特に問題を感じたことはありませんでした。

仕事の内容にもある程度慣れてきて

作業スピードも上がってきましたし作業に集中できるようにもなってきました。

変化があったのは7ヶ月目でした。

今まではデータ入力を主にしていましたが

今後は他の支部との連携作業をしてほしいとのこと。

内容的には他の支部から送られてきた書類を処理したり

他の支部に書類を送ったりなどです。

私は発達障害の特性上変化が苦手なのでせっかく慣れてきた

仕事を変えないでほしいと伝えましたが聞き入れられませんでした。

特性は伝えているし配慮ももらえるということだったのに。

作業をパートさんに教えてもらう事になったのですがこの仕事について

把握しているのがいま担当されているパートさん1人のようです。

正社員の方もよくわかっていないようでした。

作業をしながら教えてもらうのですがパートさんは基本2時に退社されるので

あまり丁寧に教えてもらえませんでした。

2時からは私1人になるので誰かに聞く事もできずにあやふやなまま作業を

せざるを得ませんでした。ミスしてよく怒られていました

また、パートさんは退職される予定だったので有給休暇の消化をされていました。

ですので週に1,2日はお休みされます。

そんな日は私だけで作業するのですがわからないことが多くうまく処理ができません。

なのでよく怒られていました。

仕事ができずに怒られるという日々が続き、ある日パニックになって涙が溢れてしまいました。

上司に呼び出されて「この程度で泣くとか普通ありえないでしょ。」と言われました。

この時に私のことを理解していないんだなと感じました。

「障害を持っているから普通じゃないんだよ。」

「仕事を丁寧に教えてもらっていないのにできるわけないだろ。」

「変化に弱いことを伝えているのに急に仕事を変えやがって。」

思ったことを全部ぶちまけようかと思いました。

だけどできませんでした。

次第に会社に行くとめまいがしたり緊張したりするようになりました。

何故か涙が出てくることもあります。

病院に行ってみると適応障害という診断をされました。

続きはこちら

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする