うつ病や自閉症スペクトラムで受けることができる経済的な支援について

精神疾患は治療期間が長いので

経済的な負担が気になることと思います。

そんな時に活用できる支援を紹介します。

自立支援医療制度

うつ病などの精神疾患で継続的な治療が必要な方に

通院のための医療費の自己負担を軽減する制度です。

公的医療保険で3割の医療費を負担しているところを1割に減額になります。

有効期限は1年です。

申請に必要なものは

  • 自立支援医療支給認定申請書(市区町村、保健所、医療機関で入手できる)
  • 医師の診断書
  • 所得確認のための書類(課税証明書、非課税証明書など)
  • 健康保険書のコピー

詳しくは市区町村の担当課や精神保健福祉センターにお問い合せ下さい。

障害年金

うつ病などの精神疾患や自閉症スペクトラムなどの発達障害は

障害年金を受け取る事ができる場合があります。

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり病気や怪我で

初めて医師の診察を受けた時に国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」

厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。

詳しくはこちら

またはお近くの年金事務所にお問い合せ下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする