障害者は失業保険をもらうための求職活動実績が1回で良い

今日、失業保険の説明会に行ってきたのですが

新しい発見があったのでシェアしますね。

失業保険をもらうためには毎月の認定日に

  • 雇用保険受給者証
  • 失業認定申告書

を持ってハローワークに行かなければなりません。

この時に求職活動を行っていたかを問われ、

失業認定申告書に活動内容を記載する必要があります。

これを求職活動実績と言います。

例えば

  • 求人への応募
  • ハローワーク等が行う職業相談、セミナーの受講
  • 許可・届け出のある民間機関が行う職業相談
  • 再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験

などです。

この求職活動実績は2回以上と決められているのですが

障害者等の就職困難者は1回以上でOKだそうです。

なので「認定日に相談に来てくれたら条件クリアしますよ」と

担当の職員さんが教えてくれました。

これって結構大きいなと思いませんか。

障害があると通院などでどうしても時間が取られてしまうので

不安に思っていたのですがちゃんと配慮が頂けるんですね。

安心しました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする