障害者枠での就労3

仕事の内容が変更になりましたが

あまり丁寧に教えてもらえずミスをして

怒られるという日々が続きました。

次第に体調が悪くなり病院に行くと適応障害

という診断をされました。

適応障害では抑うつ状態、不安、焦りや緊張などの情緒面での症状

ドキドキしたり、汗をかいたりめまいがしたりなどの体の症状がみられます。

うつ病に似ていますが適応障害はストレスの原因から

離れると改善することが多く見られます。

うつ病の場合は環境が変わっても持続的に憂うつな気分が続きます。

私の場合仕事がストレスの原因だったので1ヶ月の休職を勧められました。

休職中に就労移行支援事業所に連絡をとりました。

定着のための支援をお願いするためです。

会社に連絡をとってもらい障害に対する配慮の必要性と

具体的な配慮の内容について伝えてもらいました。

しかし会社側が「うちのやり方でやる」とはねのけているとのこと。

1ヶ月が経過して職場に戻ると一時的に書類整理などの単純作業に

まわされましたが人がいないのですぐに元の仕事に戻されました。

結局仕事を教えてもらえないまま作業をすることに。

上司が人事異動でいなくなっていたので

怒られるということは少なくなりましたが。

この時点でうちの会社は支援を十分にしてくれないと思い

転職しようという気持ちが強くなってきました。

そのままの状態で3ヶ月程度仕事をしていましたが

再び体調を崩してしまいました。

医師から職場を変えたほうがいいと言われたので退職することに。

今回のことでわかったのは

  • 障害者枠で就職しても会社側が障害者について

理解しているとは限らないということ。

  • 障害者の特性について十分な支援をしてくれるとは限らないということ。

以上のことでした。

次は精神障害者の雇用の経験のある企業を探してみようと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする