周りが見えなくなる過集中について調べてみた

Stellarisというゲームにハマって

生活リズムを崩してしまいました。

詳しくはこちら

今回の私のように周りが見えなくなるほど

過度に集中することを過集中と呼ぶようです。

ちょっと過集中について調べてみました。

過集中って一見便利そうですよね。

「そんなに物事に集中できるっていいな」って思いませんか。

でもこれ結構デメリットがあるんですよ。

まず興味がない分野では過集中は発動しません。

意識的に集中することはできないんです。

なので「勉強するから集中しよう」と思っても

ここまで過度に集中することはできません。

(勉強が興味のある分野の場合は別ですけど。)

逆に興味のある分野では勝手に発動します。

で過集中状態になると周りのことが見えなくなってしまいます。

その結果どうなるかというとお風呂に入ったり、

ご飯を食べたりトイレに行ったりすることも忘れてしまうんですよ。

日常生活に支障をきたしてしまいます。

また人の体力や集中力って有限ですよね。

過集中からもとに戻るとそれまでの疲れが一気に来ます。

なのでいきなり倒れたり、

そこまで行かなくても体調を崩してしまうことがあります。

結構危ないですよね。

私の場合は寝ることを忘れてゲームしていたので

集中が切れると電池が切れたみたいに動けなくなりました。

今回はトイレに行ったりご飯を食べたりはできたので

体調によって集中の度合いも変わるのかもしれません。

で過集中の対策なんですが

簡単に出来そうなのがアラームを設定しておくというものでした。

アラームがなったらそこで作業を中断します。

音が聞こえないほど集中していたら意味が無いんでしょうけど。

それでも何もしないよりはマシかなと。

ちょっと試しにやってみますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする