過集中の対策にアラームセット効果の程は? 聴覚優位を利用しました

前回周りが見えなくなる過集中の対策として

アラームをセットしてみることにしてみました。

アラームが鳴ったらそこで作業を終了します。

結論から言うとこれ効果アリでした。

しかし、私の場合は一工夫入りました。

夜にゲームをすることが多いので大きな音が出せないんですよ。

なのでここで一工夫。

アラームではなく携帯のヴァイブレーション機能をオンにしてタイマーをセット。

目に見える所に置きました。

でヴァイブが鳴ったら作業を止めます。

ヘッドホンしながらゲームをしていたんですが

ヴァイブの音は聞こえるんです。

何故かと言うと人間の感覚には優位性があって

目で見て理解することが得意な視覚優位型と

耳から聞いて理解することが得意な聴覚優位型があります。

視覚優位型の特徴は

  • 空間認知能力が高い
  • マルチタスクが得意
  • 読み書きが苦手
  • 人の名前を覚えるのが苦手

聴覚優位型の特徴は

  • 人の顔を覚えるのが苦手
  • ささいな音にも敏感に反応する
  • 絵や写真を正しく理解できない
  • 方向音痴

私は聴覚優位型なので音に敏感なんです。

なのでヘッドホンしててもヴァイブの音が聞き取れたんですね。

逆に視覚からの情報の理解は全然駄目です。

マルチタスクは苦手で物事を一つ一つこなさないと処理できません。

空間認知能力も低くて地図を見てもイメージができなくてよく道に迷います。

友達にニュータイプになれないねって言われました。(ガンダム知らない人ごめんなさい)

絵を描くのも苦手です。立体感が出せないんですよね。というか描こうとしたものが

頭のなかにイメージできないです。

こちらのブログを見て「まさにこんな感じだ」と思いました。

他にも色々あるんですがとりあえず置いといて。

視覚優位型か聴覚優位型か知っておくと役に立つかもという話でした。

あなたはどちらのタイプですか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ ひとポチして頂けると喜びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする